食品衛生管理者の役割について書かせていただきます。
今は福島原発のせいで放射能を浴びた食品が広がっています。
そのチェックはどんなものだろうか想像がつきませんが、不安はなかなか消えません。
そんな時に食品衛生管理者が大活躍して欲しいと思います。
ほうれん草をはじめ、茨城県などは出荷が制限されて大騒ぎしたことがありました。
また、福島の牛肉も出荷の制限があり、現地の畜産家は大打撃を受けました。
放射能を浴びたものを食べると一番怖いのはガンになりやすくなることです。
食品は第一に安全でなくてはなりません。
今は原発の時代なので、食品第一に考えれば、原発の安全性を高めるか、原発の廃炉を目指すべきです。
電力の需要を考えて、原発の便利さを優先させた日本ですが、これからは国民の体のことをもっと重視すべきでしょう。
その意味で食品衛生管理者は、本当に健康的な食品であるかをしっかりチェックして欲しいですね。
そして、将来はますます、食品衛生管理者の存在が重要視されることでしょう。