食品衛生管理者の仕事とは

食品衛生管理者という有資格者は、スーパーマーケットや飲食業を中心によく耳にしますが、具体的にどのような仕事をしているのか、知っている人は少ないのではないでしょうか。
私もその一人で、おそらく食品そのものの衛生状況や、食品作りを取り巻く環境などについて管理するのが仕事なのだろうな、くらいの認識しかありません。
食品衛生管理者とは、食品衛生法により、必要があると定められたところに必ず置かなくてはならない有資格者のことだそうです。
とりわけ、特に衛生上の考慮を必要とする食品の製造や加工の現場には、絶対にいなくてはならない存在で、それは食品だけでなく、食品添加物の加工をする場所も含まれるそうです。
そうした食品の代表的なものが肉で、生の牛肉や豚肉、鶏肉を扱うところはもちろん、こうした肉を使って加工製品を作るところにも必要とされる人材です。
こうした有資格者がきちんと仕事をしてくれることによって、私たち消費者が安全に食べられるのだと思います。